lessonレッスン, よもやま
レッスン, よもやま

手編みで世界平和

先日のレッスンで、生徒様の編み地のチェックをしていたときのこと。
超初心者からはじめて、だいぶバランスよく編めるようになっていたのですが

日によって編み地のテンションが違うのが一目瞭然!

ここで日が変わったなーというのが手に取るようにわかるのです。

すごく素直な編み地でしたので
「ここのところ編んでいたときはちょっとイライラしたりしてませんでした?」
と聞くと

「そうです!めっちゃ旦那と喧嘩してイライラしていたところです!」
とのこと。

「なんでわかるんですかー?!」
とびっくりされますが

私は別に透視能力があるわけではありません
糸が少しきつめになっていて編み地がつれていたり
たまにものすごくゆるくなっている目があって穴が開いていたり
途中ですっかり落としている目があったりしたので
イライラしながら
落ち着かない気分で編んだ編み地なのだというのがわかるんです

「でも編んでたら落ち着いてきたんですよー!」
と言う通り
少しすると編み地がバランスよくなっていました

イライラするときに
誰かにあたって修復不能な関係になったり
何かにあたって大切なものを壊したりしたら
ダメージが大きすぎます

そういうときは
イライラしながらも
手編みに没頭してください
さっきまで爆発しそうだった気持ちが
なんだかどうでもよくなるというか
自分の気持ちの湖の奥底にすべてが沈んでしまって
落ち着きを取り戻します

世界中の人が手編みを覚えてくれたら
本当に世界が平和になりますよ。

とりあえず一番近くの世界である
自分のおうちの平和が守れます
おためしください。

 

ちなみに私レベルになると
ポーカーフェイスが使えるようになるので
気持ちのテンションが編み地に現れることはありません。
慣れてくるとどんどんふてぶてしくなりますが
それでも気持ちの平安は保てます。

 

レッスンについてはレッスンについて←こちらをご覧ください。
お出かけしなくても大丈夫♡オンラインレッスンはこちら

SowakaYarnWorksの公式LINEができました!
レッスンについて、ワークショップについて、毛糸について
ブログに書けない話題など(笑)
Ravelryの期間限定無料パターン情報なども
不定期に配信いたします♪
登録したらスタンプ送ってくださいね

友だち追加

Category : レッスン, よもやま

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

大和 みずほ

手編みを初めて30数年。 編んだセーター100枚超。 6年生のときから毎冬自分のセーターは自分で編むニッターに。 高校時代は友達の彼氏へのプレゼントを編むゴーストニッターに。 そんな筋金入りのニッターが手編みのある楽しく癒される毎日をお伝えするべく、完全プライベートの個人レッスンを行っております。 日本手芸普及協会 かぎ針編み指導員・棒針編み指導員

コメントを残す





このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧へ戻る