crochetかぎ針編み, よもやま
かぎ針編み, よもやま

大失敗作公開

作品を編む時には
まず糸を決めて
編地をいくつか決めて
試し編みをしたあとゲージをとって
製図した寸法に合わせて目数段数を計算して
カーブなどに合わせて適宜割り出しをする。

基本的な作品制作の流れです。

 

もう100着以上
こうしていろいろな作品を編んでいます。

しかしながら
中には失敗作もあります。

 

せっかく手間ひまかけて編んだのに
いざ出来上がってみると
使い勝手がいまいちだったり
そもそもデザインに無理があったり
編み目を間違ったり

理由はいろいろですが
着用に堪えないものがたまにでてしまいます。

 

とっても悔しいので
私はいつもなかったことにしちゃいますが
今回失敗作を公開します。

 

かぎ針編みのジレです。

リネン100%です。
ちょっと細めの糸だったので2本どりで編みました。
今思えばそれが間違いでした。

編地は2種類を組み合わせて
上半身と下半身で模様を分けてます。

パッと見とても良い感じです。
初夏にざっくり羽織れるように
軽い感じにしたかったのです。

しかしながら

これが予想以上に重くて
肩から滑り落ちる!

しかも
結構暑い!

2本どりではなく1本どりで編めばよかったのでしょう。

サイズ感は良かったのですが
ロングジレは糸の使用量も多いので
重さにはもうちょっと敏感になるべきでした。

こうしてこのロングジレはお蔵入りです。
完成後試着してみて
「あ、これ、ダメだー!」と即座にあきらめました。

私はこういうときの決断は素早いので
このジレはなかったことになりました!

たくさんの作品を編んでいますが
実際編んでみて
実際に着てみないと
わからないことってたくさんあります。

だからこそ
お気に入りの
完璧な一着が編めたときの
感動と達成感がなによりもうれしいのです。

 

レッスンについてはレッスンについて←こちらをご覧ください。
お出かけしなくても大丈夫♡オンラインレッスンはこちら

SowakaYarnWorksの公式LINEができました!
レッスンについて、ワークショップについて、毛糸について
ブログに書けない話題など(笑)
Ravelryの期間限定無料パターン情報なども
不定期に配信いたします♪
登録したらスタンプ送ってくださいね

友だち追加

Category : かぎ針編み, よもやま

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

大和 みずほ

手編みを初めて30数年。 編んだセーター100枚超。 6年生のときから毎冬自分のセーターは自分で編むニッターに。 高校時代は友達の彼氏へのプレゼントを編むゴーストニッターに。 そんな筋金入りのニッターが手編みのある楽しく癒される毎日をお伝えするべく、完全プライベートの個人レッスンを行っております。 日本手芸普及協会 かぎ針編み指導員・棒針編み指導員

コメントを残す





このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧へ戻る