tipsTips, かぎ針編み
Tips, かぎ針編み

ノースリーブ回避のアイデア

いよいよ暑い季節になってまいりました。
夏は夏で、手編みも良いものです。
夏物は袖が短いので
冬物を編むよりも気軽に仕上げられます。

自分のために編むウエアですから
どうせなら自分の好きなようにしたい!
そんなご相談をよく受けます。

特に夏物のノースリーブを回避したいという方が多いです。
もちろん私もノースリーブ回避派です。
そういう私たちの淡い希望を横目に
夏の編み物本にはノースリーブ作品が多いです。

身頃のデザインや編地が気にいっていても
ノースリーブというだけであきらめてしまう・・・
これはもったいないです。

そんなとき、非常に簡単に
ノースリーブをフレンチスリーブにする方法がありますので
ご紹介いたします。

 

これは私が編んだフレンチスリーブのプルオーバーです。

上半分は黒のシルク、下半分は黒地にホログラムラメが入ったちょっと変わった糸で編みました。
夏物は軽いことが何よりも大切ですから
透け感がきれいに出る糸と色を選びましょう

後ろから見ても
二の腕と脇がさりげなく隠れます。
最近のトレンドは大き目ニットですから
ドロップショルダー気味にしたほうがむしろ良いのです。
そして、これこそがノースリーブ回避のヒントです。

 

通常袖は脇から減目をして
すこし内側にカーブするようになっています。
それを一切やめて、裾から肩まで一直線に編みます
袖の減目をしないのです。
袖あき止まりまでをとじれば
平らに置くと四角くなりますが、
着用するとストンと肩が落ちて
フレンチスリーブになるというわけです。

 

フレンチショルダーは
上品なイメージに仕上がります。
二の腕を出すことに躊躇しがちな方にはこれをお勧めします。
しかも減目がないので普通に編むより簡単です。

衿ぐりは適宜減目します。

自然なカーブに仕上げます。
このカーブを深くするか
それとも浅めにするか
それだけで雰囲気が変わります。

 

このデザインは風工房さんのデザインをもとに
かなりアレンジして編んでいます。

 

北欧風の模様が可愛くてかなりのお気に入りになってしまったので
色を変えてもう一枚編んでみました。

素材はシルク100%です。
紫一色でシンプルに仕上げました。
シルクのプルオーバー!
贅沢です。素敵です。
もちろんものすごいお気に入りです。


黒のプルオーバーよりも若干丈を短くしました。


浅めVネック。
私に似合うのは
なにがなんでもVネックです。
微妙なバランスも
きちんとした製図
バランスの良い均一の編地で実現します。

編み物本のデザインはあくまでサンプルです。
自分の好きなようにアレンジして、
場合によっては2つ3つのデザインを融合させて
好きなポイントだけを集めた一枚に仕上げることもできます。

「本当はこうしたいんだけど、本にはこう書いてあるから仕方ないか・・・」
なんてあきらめないでくださいね。
せっかく編むのですからデザインにはこだわっていきましょう!
アレンジにはいろいろな方法がありますので
お悩みの場合はご相談くださいね。

 

レッスンについてはレッスンについて←こちらをご覧ください。
お出かけしなくても大丈夫♡オンラインレッスンはこちら

SowakaYarnWorksの公式LINEができました!
レッスンについて、ワークショップについて、毛糸について
ブログに書けない話題など(笑)
Ravelryの期間限定無料パターン情報なども
不定期に配信いたします♪
登録したらスタンプ送ってくださいね

友だち追加

Category : Tips, かぎ針編み

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

大和 みずほ

手編みを初めて30数年。 編んだセーター100枚超。 6年生のときから毎冬自分のセーターは自分で編むニッターに。 高校時代は友達の彼氏へのプレゼントを編むゴーストニッターに。 そんな筋金入りのニッターが手編みのある楽しく癒される毎日をお伝えするべく、完全プライベートの個人レッスンを行っております。 日本手芸普及協会 かぎ針編み指導員・棒針編み指導員

コメントを残す





このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧へ戻る