knit棒針編み, よもやま
棒針編み, よもやま

アラン模様には名前と意味がある

アランセーターといえばほとんどの方は
なんとなくイメージできると思います。
こんな感じの
模様が凸凹している
かわいいニットです

 

アランセーターは
アイルランドのさらに西にある
イニシモア(大きな島)
イニシマン(真ん中の島)
イニシイア(東の島)
という3つの小さな島で構成されるアラン諸島で誕生しました

アラン諸島は草木も育たない
厳しい環境の島です
島民は半農半漁の生活をしていますが
冬の海は常に荒れていて
遭難が後をたちませんでした

不慮の事故にあったときには
着ているセーターの模様
どこの島の誰なのかがわかるように
アランセーターの模様は
いわゆる家紋のような役割をしていた・・・
アランセーターの歴史を語るうえで
有名な伝説です

アランセーターは
漁師さんの作業着
フィッシャーマンセーター
なのです

そんなアラン模様には
すべて名前がついていて
それぞれちゃんと意味があるのです

 

ケーブル(縄編み)

アラン模様のなかでも有名な模様です
文字通り縄を表しています
漁師の使う命綱収穫物を束ねる綱の意味があります
アラン諸島の人々の生活には
欠かせない模様です
テクニック的には
交差が右上か左上か
何目何段か
いろいろな組み合わせで
模様が作られています

 

ハニカム(蜂の巣)

(中央の大きな柄)

漁に使う網を広げた様子を表しています
また、蜂の巣のようにも見えることから
蜂が貴重な蜜を集めるように
骨の折れる仕事に対する報酬を表し
仕事の象徴です

 

ウェーブ・オブ・ハニステッチ

(両端の小さな柄)

ハニカムのバリエーション
1目の交差を対称に連続させた模様

 

ツリー・オブ・ライフ(生命の樹)

(中央の柄)*ちなみに両端はラダー・オブ・ライフ

すくすく伸びていく木を命にたとえ
セーターを着る人の長寿
漁の手助けとなる丈夫な子供たちが
生まれることを願うものです

 

ダイヤモンド

代表的なアラン模様のひとつで
海や陸から得られる宝物や成功
それら富や財宝の象徴であり
結婚生活や人生の浮き沈みをもあらわしています

 

バスケット(かご)

漁師の使うカゴを表わし
漁の成功、すなわち大漁を象徴します
幅も丈も詰まったボリュームのある編み地になります

 

トリニティ(三位一体)またはブラックベリー

1目から3目編み出し、次段で3目一度をすることから
キリスト教の原理を示す「三位一体(Trinity Stitch)」といわれています
三位一体とはキリスト教の原理で
父なる神、子なる神、聖霊はすべて神の現れで
元来ひとつのものであるという説です
また、アイルランド特有の木苺の実
ブラックベリーを表わしているともいわれます

 

モスステッチ (かのこ編み)

(ダイヤ模様のなかにあるのがモスステッチ)

富と苔むした土の成長を意味します
豊かな大地の象徴です

 

ラダー・オブ・ライフ(人生のはしご)

永遠の幸せに向かって
人々が昇るといわれている
はしごを表しています

 

ジグザグ

いつまでも夫婦一緒に苦楽を共に
素晴らしい人生を築いていこうという
決意をあらわします
また、荒れ狂う海に囲まれた断崖の風景
くねくねした路を表すともいわれています

 

ほかにも様々な模様があるといわれています
こうした模様を組み合わせ
あの複雑で素敵なアランセーターができあがります

 

たとえばこれはジグザグとケーブルの組み合わせ
複雑に絡みあるケーブル模様はケルトの文様にも似ています

 

これはジグザグとツリー・オブ・ライフの組み合わせ
一つ一つの模様にもいろいろなバリエーションがあります
組み合わせや模様のバリエーションは無限です

 

荒々しい海で漁をする夫や息子のために
縁起の良い模様を編み
漁の安全や繁栄を願って
脈々と受け継がれてきたのが
アランセーターです

どの国にも縁起を担ぐ風習ってあるのですね

 

お手持ちのアランセーターの
模様を調べてみると
そのセーターに込められた
暖かい思いが伝わってきますよ

見た目にはちょっと難しそうで
とっつきにくいのですが
編み図を見ながら理屈がわかれば
どんな模様でも編めるようになります
とにかくたくさん編んで慣れることです!

そういえば、以前こんな記事を書きました
懐かしきイケメンありきの編み物本

もし私がアランセーターの本を今作るとしたら
《白濱亜嵐が着るアランセーター》
しかありませんよね!
【アラン】で検索したところ
今大人気のイケメンが出てきたので
これってアリでしょう?!
ダジャレとか言わないでね~

 

アラン模様の本のおすすめ
こういう模様集って一冊持っていると
作品の幅が一気にひろがります

アランセーターの編み物本はこれがおすすめ

これは小物もあって気軽に編める作品ものってます

レッスンについてはレッスンについて←こちらをご覧ください。
お出かけしなくても大丈夫♡オンラインレッスンはこちら

SowakaYarnWorksの公式LINEができました!
レッスンについて、ワークショップについて、毛糸について
ブログに書けない話題など(笑)
Ravelryの期間限定無料パターン情報なども
不定期に配信いたします♪
登録したらスタンプ送ってくださいね

友だち追加

Category : 棒針編み, よもやま

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

大和 みずほ

手編みを初めて30数年。 編んだセーター100枚超。 6年生のときから毎冬自分のセーターは自分で編むニッターに。 高校時代は友達の彼氏へのプレゼントを編むゴーストニッターに。 そんな筋金入りのニッターが手編みのある楽しく癒される毎日をお伝えするべく、完全プライベートの個人レッスンを行っております。 日本手芸普及協会 かぎ針編み指導員・棒針編み指導員

コメントを残す





このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧へ戻る